NEWS

音楽評論家・宗像明将著『72年間のTOKYO、鈴木慶一の記憶』が12/26に発売決定!

音楽評論家・宗像明将が、日本のポピュラー音楽史に多大な影響を及ぼしてきた鈴木慶一に取材を敢行、本人の記憶から辿る、音楽を作り奏で続けた72年間を収めた『72年間のTOKYO、鈴木慶一の記憶』を、12月26日に刊行いたします。

バンド・ムーンライダーズを結成して1976年にデビュー、その後もさまざまなミュージシャンとのバンドやユニット活動に参加する傍ら、CM音楽、歌謡曲などの楽曲提供とプロデュースに携わり、日本のポピュラー音楽史に多大な影響を及ぼしてきた鈴木慶一。

本書では、1998年に『20世紀のムーンライダーズ』でライターとしてデビューし、その活動を追ってきた音楽評論家・宗像明将が、鈴木慶一本人に72年間の歩みを聞く集中取材を敢行。

湾岸エリアで育った幼少期から「日本語のロック」への目覚め、はちみつぱいやムーンライダーズ、個人の活動についてはもちろん、あがた森魚、はっぴいえんど、頭脳警察、YMO、KERAといったミュージシャンたちとの交流から別れまで……2023年の今だからこそ聞くことのできた貴重なエピソードの数々が収められた一冊です。